日光白根山(湯元~前白根山~奥白根山)

日光白根山(湯元~前白根山~奥白根山)

 期日:2020.3.7
 メンバー:藤枝、北原(明)

 コースタイム:(晴)湯元5:25-6:10スキー場上-7:55外山尾根鞍部8:10-9:00前白根山-9:30五色沼避難小屋9:55-11:40奥白根山12:00-12:55避難小屋13:10-13:55前白根山-14:35外山尾根鞍部14:45-16:00湯元

 急坂続きの外山をサクサクと軽快な音を立てて登る藤枝氏。その後を久々のアイゼンに四苦八苦しながら必死でついていく北原。一年ぶりの日光白根山。期待と不安の入り混じる山行。
DSCN2224.JPG

 前白根山を登りきるとトレースも消え、避難小屋の下りからは白根山までラッセル続き。雪質はパウダー状でなく締まった雪質だったのでラッセルは、し易かったが白根山の斜面はきつく私はバテバテ。藤枝氏の負担が。
DSCN2232.JPG


DSCN2228.JPG

 山頂まで八割程登った所で、青年が追いつきラッセルを変わってくれた。助かった~。そういうことで気持ち良く白根山頂上直下で昼食。三百六十度展望。春の暖かい陽射しに包まれ、そよ風、鳥のさえずりを耳にして、美味しく頂きました。
DSCN2230.JPG


DSCN2234.JPG

 ここから神経を使う下り。藤枝氏、眉間に皺がよってる私を気づかい岩と岩の間の緩やかな斜面を尻セード。笑いが響いた一時でした。
 前白根山から白根山を振り返ると、行きと帰りのトレースが真っ白な斜面に輝いていました。だって三人しか登ってないんですから。
 外山の下山は思った以上に荒れていて私は、またまた悪戦苦闘。朝早から夕方まで、疲れたけど充実感で一杯なのは春の陽射しを一杯に浴び、素晴らしい山に出会えたからだと思います。ありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント