西上州 表妙義山

西上州 表妙義山

 期日:2020.10.25
 メンバー 藤枝、浅野(晋)

 コースタイム:(快晴)友部4:00→松井田妙義IC→6:10妙義山神社P6:20→大の字7:05→辻→奥の院→見晴7:45→ビビリ岩7:51→大のぞき8:05→8:39天狗岩8:48→タルワキ沢のコル9:00→9:15相馬岳9:18→ホッキリ10:45→女坂分岐10:59→鷹戻し→第四石門分岐12:00→東岳12:15→中之岳→石門分岐13:00→中之嶽神社13:28→14:13大人場14:25→14:58妙義山神社P15:10→松井田妙義IC→友部18:00

 友部4:00出発、松井田妙義ICで降り、すぐに道の駅に到着。何張かテントがあるが、撤収中でこれから妙義山を登る人たちばかり。車は神社左にある駐車場に停める。神社に無事を祈願して登りはじめる。天気は良いが、やや風がある。
①DSCN0774.JPG


②DSCN0790.JPG

 大の字を見るためにも、鎖を登らなければならない。見晴まで来ると周りの山がよく見えて妙義の荒々しさがよくわかる。こんなところを行くのかと、期待より不安が先に立つ。
③DSCN0795.JPG


④DSCN0800.JPG

 妙義山の縦走路は至る処に鎖場ばかりで、上級者しか入らないようにと看板が立っている。後でわかったのだが、上級、中級、初級とコースの設定がある。地図で(危)の箇所8箇所あり、それなりに難しい。背ビレ岩は高度感があり、奥穂の手前の馬の背を思いだした。
⑤DSCN0810.JPG


⑥DSCN0811.JPG

 この山域は、雨の日は格段に難しくなってのぼれないと思う。

 尾根までの登りでバテてしまっているので、吊尾根でないのに足がつるし、尾根に出てもアップダウンの繰り返しでヘトヘトになる。鷹戻りの鎖と梯子を何とか越え1番高い相馬岳頂上へ着く。
⑦DSCN0814.JPG


⑧DSCN0833.JPG


⑨DSCN0853.JPG

 この辺は上級者しかいないのかと思っていたが、そうでもない顔ぶれも見る。
⑩DSCN0856.JPG


⑪DSCN0859.JPG

 尾根の右側を通ると日陰になり晴れてはいるが、薄暗くて湿っている。踏み跡がはっきりせずに間違った箇所があった。困った時にはYAMAPの力を借りて正しいルートに戻ることができるので助かる。ヘロヘロになっているので、遅いのかと思うとそうでもなく、何とかコースタイムくらいでは歩けていると思う。
 東岳からの下りは、上から見るとほとんど垂直の岩で、鎖が複数本ある岩もあり、降りるのにためらってしまう。降り方を教わりながら何とか降りることができた。一瞬、足が滑ったのかと思うが、鎖を持つ手が滑ってしまってヒャットした。「くさりを離すな」と看板があったが、その通り離しませんでした。でも全体重を長時間支えるのは無理でしょうね。
⑫DSCN0875.JPG


⑬DSCN0878.JPG


⑭DSCN0885.JPG


⑮DSCN0892.JPG

 中ノ岳まで来ると東岳が良く見えて、人が小さく急斜面を下る様子が見え、あそこを降りてきたのだと思うと少し優越感を感じる。
⑯DSCN0897.JPG

 西岳には登れないので、中ノ岳から下ることになる。
⑰DSCN0925.JPG

 予定していた、関東ふれあいの道へは、崩落のため通行止で行けないので、中ノ嶽神社へと下山する。神社からは車道、一本杉からは山道、大人場の下からはまた車道を延々と歩く。車道から妙義神社へと曲るとすぐに駐車場に到着、帰宅する。途中藤岡JCT手前から渋滞にはまってしまったが、それでも18時に友部に到着することができた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント