八ヶ岳縦走(白駒池~硫黄岳~赤岳)

八ヶ岳縦走(白駒池~硫黄岳~赤岳)

 期日:2020.10.2~4
 メンバー:浅野(晋)、浅野(玲)他2名

 コースタイム:
  10/2 常磐・北関東・上信越道→佐久IC→5:10白駒池P5:43→白駒池6:05→4:15高見石小屋7:45→11:25東天狗12:08→西天狗岳13:30→東天狗岳13:05→13:50根石岳山荘14:10→オーレン小屋14:55(幕営)

  10/3 オーレン小屋6:25→夏沢峠7:05→8:20硫黄岳8:53→9:13硫黄岳山荘9:25→10:20横岳10:35→三叉峰10:51→11:55赤岳展望荘12:08→12:45赤岳12:55→地蔵の頭13:40→行者小屋14:30(幕営)

  10/4 行者小屋5:35→6:06赤岳鉱泉6:20→8:03美濃戸山荘8:12→9:00美濃戸9:20→10:12白駒池P10:25→10:47八峰の湯12:18→八千穂高原IC

10/2 
 明るくなる頃に白駒池の駐車場(有料)に駐車する。金曜で紅葉はまだ早いのですいている。外気温は0度近く、なかなか歩く気になれないが、準備して出発する。すぐに白駒池、紅葉は始まったばかり(次の週が最高だったらしい)だが写真を撮っている人多数。
①DSCN0467.jpg

 高見石小屋の裏を石を登って天気も良く北アルプスや、南アルプスの展望を楽しむ。天気は良いが風が少し強い。
②P1100616.jpg

④P1100782.jpg
③DSCN0525.jpg

 中山と天狗の登りは辛い。東天狗岳で、迷いながらも西天狗岳に行ってくる。
④P1100782.jpg


⑤DSCN0559.jpg

 この辺からは、赤岳、阿弥陀岳がよく見える。オーレン小屋まで下ってテント泊。ここは、事前にテントの予約をしておいたが、いい場所はすでにテントが張られている。トイレ(水洗)に行くには小屋の中に入って使用し、マスク着用する。最初の日なので、ご飯を炊いて親子丼を作ってみたが、まあまあの評判。

10/3 
 夜は思ったより寒くなかったが、朝は霜が降りている。朝食は簡単にして出発する。夏沢峠まではすぐで、そこにある小屋は休業中だ。
⑥P1100840.jpg


⑦DSCN0611.jpg


⑧DSCN0615.jpg

 硫黄岳の平坦な頂上で、赤岳を見ながら前の日の残りのご飯を豚汁に入れて食する
⑨DSCN0619.jpg

 硫黄岳山荘のトイレは水洗でウォシュレットが設置してあり驚き。
⑩P1100908.jpg

 横岳への登りクサリやハシゴがあり、少しい緊張する。
⑪P1100941.jpg


⑫P1100955.jpg


⑬P1100975.jpg

 赤岳展望荘まで来たが、赤岳の先の文三郎尾根を降りる計画を変更して地蔵尾根を降りることにする。小屋に荷物を置いて赤岳をピストンする。
⑭P1110005.jpg

 赤岳山頂は混雑している。天気はよいが風が強い。富士山は雲の上によく見える。地蔵尾根を下って、行者小屋(小屋は休業中)にテント泊する。時間は早いほうだったが、いい場所はなくやや斜めの場所にテントを張る。
⑮DSCN0691.jpg

 小屋が営業していなにので、赤岳鉱泉でテントの支払いをするようにとのことだったが、係の人がいた。小屋の前のテーブルが空いていたので、ここで夕食を作らせてもらう。

10/4 
 4:00起床テントを撤収して下山。赤岳鉱泉はテント場が広く快適そうに見える。タクシーを9:30に美濃戸口に予約しているので、ゆっくりもできずに下る。美濃戸山荘近くまでは車が入れるが、駐車場少なく道はよくない。美濃戸口から乗ったタクシーの運転士さんに訊いて八峰の湯(やっほー)に入る。露天風呂は、登ってきた八ヶ岳を見ながら入浴できる山や向きの風呂で、食事もできる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント