奥秩父 富士見平~金峰山・瑞牆山

奥秩父 富士見平~金峰山・瑞牆山
 
 期間:2020.9.19~20
 メンバー:浅野(晋)、浅野(玲)

コースタイム:
 9/19(土)須玉IC→5:05瑞牆山荘P-6:45→7:55富士見平小屋9:05→10:04大日小屋10:10→大日岩10:45→金峰山小屋分岐12:45→ 3:15金峰山14:05→大日小屋16:24→鷹見岩分岐16:35→富士見平小屋17:14(幕営)

 9/20(日)テント場6:10→八丁平分岐6:32→桃太郎岩6:34→8:30瑞牆山8:45→桃太郎岩10:20→10:58富士見平小屋11:35→12:20瑞牆山荘P12:40→八千穂高原IC

 金峰山と瑞牆山は地図で見るとすぐ近くに見え、初級の山となっている。両方を登ろうと計画し瑞牆山荘側から入ることにした。(金峰山は大弛峠から入った方が近い。)

9/19
 瑞牆山荘の駐車場に明るくなる頃に到着、すぐに出発したいが、私たちを歓迎するように雨が降り出し、本降りになってしまった。最初からカッパを着るのをためらっていると、小降りになったので出発する。富士見平小屋でテントを張る頃には雨はやんでいる。
‡@DSCN0154.JPG

 身軽になって小屋の脇を登りだすと、次第に天気は良くなりこの時期にしては暑い、汗だくになってしまう。金峰山の五丈岩が見えるが、なかなか近づかない。
‡ADSCN0236.JPG

 やっとのことで、五丈岩を右手に見て左側の山頂に到着。三角点があるので、ここが標高なのだろうが、最高点でなく周りの岩の方が高くなっている。五丈岩に登っている人が何人かいる。
‡BDSCN0287.JPG

 ガイドブックには、富士山、南アルプス八ヶ岳が見えるとあったが、ガスで見えない。瑞牆山が見えるだけ。
‡CDSCN0256.JPG

 遅めの昼を食べて下山する。4.5リットル水を持ってきたが、暑かったので、全部飲んでしまう。テント場で、暗くなってからの夕食。私たちだけでなく、他にもヘッドランプで夕食を食べているパーティーがいる。

9/20
 飽きるほど眠って、瑞牆山へ出発する。富士見平小屋の左側を登る。天気は曇っているが、昼くらいまでもちそうな予報だったが、まもなく降りだす。仕方なくカッパを着用する。途中に桃太郎岩とというのがあって、大きな岩が真っ二つに割れている(日立にある堅破山にある岩のようだ)。
‡DDSCN0339.JPG

 瑞牆山の頂上でも雨で、視界はほとんどなく、コーヒーを飲んで下山する。
‡EDSCN0375.JPG

 どちらの山もシャクナゲが多く、花の時期に来るのもよいと思う。早く下山できたので、増富の湯に入って帰宅する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント