飯豊連峰縦走(飯豊山荘~ダイクラ尾根~飯豊山~御西小屋~梅花皮岳~梶川峰)

飯豊連峰縦走(飯豊山荘~ダイクラ尾根~飯豊山~御西小屋~梅花皮岳~梶川峰)

 期間:2020.9.5~6
 メンバー:橋本、北原

 コースタイム:
  9/4 友部19:00→23:00飯豊山荘
  9/5 飯豊山荘4:30→池の平6:50→休場の峰8:30→宝珠山12:00→飯豊山14:50→16:00御西岳小屋(泊)
  9/6 御西岳小屋5:45→池の平6:40→御手洗ノ池7:20→烏帽子岳8:30→北股岳10:00→門内岳11:00→梶川峰12:15→湯沢峰14:30→飯豊山荘16:20→21:30友部

9月5日
 飯豊山荘から温身平まで30分、ウオーミングアップ。ドキドキワクワクの飯豊山。

ダイグラ尾根から飯豊山.jpg

 
 急坂を全てを使い、登る、登る。早朝は良かったが、少しずつ太陽が湿度が、身体にまとわりつき、千本峰の岩場に着く頃には橋本氏が靴下を絞るまでに。(雑巾を絞る様に水が流れた。)
ダイグラ尾根の最終、長丁場で上級者コースを一歩、一歩。でも、最初の急坂に比べれば難易度は低め。しかし、暑さとの戦いが。駒形山から飯豊山に向かう登山者二人に勇気づけられ、飯豊山、山頂へ立つ。360度展望。山の神からのご褒美、頂きました。
 宿泊場所、御西岳小屋へ。16時頃、雷が会津方面で鳴り響くのを聞き、背中を押される様に到着。避難小屋一階に3人、二階に3人、テント場に5張。夜空は月明かりで満天の星空とはなりませんでした。

9月6日
 晴天、今日も暑い。昨日の無風状態とは違い、涼やかな風がふきわたり快適な山行に。

御手洗ノ池から烏帽子岳.jpg


山を越える雲.jpg


天狗岳への稜線.jpg


飯豊山から昇る朝日.jpg


 飯豊山頂から朝日が昇り、草木が光り輝き、雲海の雄大さに息をのみ、虹色の環のブロッケン現象に喜び、日本海側から流れる雲が山を越え谷へ、そして山を越えていく流れに時間を忘れ、稜線歩きを楽しみ。でも、登りと下りで一時間も差がある急坂を、身をもって体験し飯豊山荘へ到着。飯豊連峰の奥深さに触れました。全てに感謝します。ありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント