北ア 前穂高岳~奥穂高岳~北穂高岳~パノラマコース

北ア 前穂高岳~奥穂高岳~北穂高岳~パノラマコース

 期日:2019.9.13~15
 メンバー:浅野(晋)、浅野(玲)、北原(明)

 コースタイム:
  9/12 日立IC17:30→松本IC→沢渡P23:00
  9/13 沢渡P4:45→上高地5:30→岳沢小屋8:20→紀美子平12:50→前穂高岳1:30→奥穂高岳16:30→穂高岳山荘17:30(幕営)
  9/14 穂高岳山荘6:00→涸沢岳6:30→北穂高岳10:20→涸沢テント場14:00(幕営)
  9/15 涸沢テント場5:50→屛風の耳8:00→中道新道分岐10:30→徳沢12:00→明神13:10→上高地14:00→沢渡P14:30→松本IC→日立23:00

9/13 曇のち晴れ
 浅野氏念願の岳沢からの穂高岳への登山。久々の縦走でザックの重さに耐えながら前穂高岳登山道を登り、岳沢小屋へ。まだ厚い雲に覆われているが晴れてきそうな気配が。
 奥穂高の雄大な眺望に助けられ重太郎新道を登ると前穂高。「ここまで来て登らないという選択肢は無い。」というリーダーの一言でザックをデポして、カモシカのように、チョイチョイチョイと(理想です。)霧が晴れ360度展望。ご褒美です。
 吊尾根を雷鳥に案内され奥穂高岳。ここでも、かなり厚かった霧が風に流され絶景。前穂高 西穂高 北穂高 ジャンダルムが、傾きかけた太陽に照らされて光り輝いていた。

CIMG2845.JPG


 やっと、たどり着いた穂高岳山荘テント場。西に太陽、東に月、冷たい風が強くなり体が冷えてきた時、台湾の若者がテントの設営を手伝ってくれ、大変助けられました。身も心も暖かく眠りにつきました。ありがとう。台湾の青年。

9/14 快晴
 テントが無くなりかけた6時頃、出発。今日は北穂高岳、経由の涸沢までなので心なしか足も軽く、何処までも尽きることの無い岩との、やりとりを楽しみながら時のたつのも忘れ北穂高岳、到着。頂上からは北アルプスの山々が延々と続いていました。

CIMG2853.JPG


CIMG2867.JPG


9/15 快晴
 モルゲンロートをビデオに録りパノラマコースへ。屛風の耳で穂高岳、独り占めの写真を撮り、青空、緑が眩しい山々に囲まれて樹林帯へ。

CIMG2879.JPG


 少しずつテンションが落ちていく私達に、浅野氏が「徳沢まで頑張ったら、好きな物おごってやるぞ。」の一言。テンション、アップ。超美味しいコーヒーソフトを、ご馳走になりました。
梓川、森林浴、明神岳を楽しみながら、浅野氏には「穂高よさらば」のメロディーが流れていたと思います。

 天候にも、すべてに恵まれた山行でした。ありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント